思い出の写真一枚から愛犬そっくり人形が作れるか?「ゆほびか」さんにオリジナルペットフィギュアをお願いしてみた。
「あの時、愛犬の人形を作っておけばよかった。」「もう一度元気な時の愛犬の姿を目にしたい。」など感じていらっしゃる方へ、この記事では、写真一枚から愛犬そっくりのフィギュアを作る事ができるという事で、『ゆほびか』さんオリジナルペットフィギュアをおねがいしてみました。その体験をご紹介したいと思います。

私の場合、「我が家の愛犬がパピーだった頃の姿をもう一度みたいなぁ」とずっと思っていました。今の姿は、以前ご紹介しました3dsnapさんのように、現在の姿を色々な角度から写真を撮って3Dスキャナを用いてそっくり人形を作製しました。ですが、過去には戻れないので、諦めていました。

「写真一枚からオリジナルペットフィギュアを作製できる」という『ゆほびか』さんのサイトを見て、ひょっとしてパピーのそっくり人形を作ってもらう事ができるのでは!?と思いつきトライしてみました。

完成形のご紹介

まずは、用いた写真と出来上がりを紹介します。用いた写真は、こちらの写真です。
写真からペットフィギュアを作製_元写真1
出来上がりの写真はこちらです。出来上がりについては、後ほど詳しく紹介します。
写真からペットフィギュアを作製_完成品1

オーダーの流れ

次にオーダーから、納品までの流れを紹介します。

  1. ホームページから注文
  2. 愛犬の写真、特徴などの連絡
  3. 3Dデータの作製
  4. 中間確認と修正
  5. 最終確認
  6. 納品

となります。
私の場合は、一回の修正をお願いして、注文から納品まで大体2.5ヶ月でした。ホームページで目安とされている期間通り納品頂きました。

ちなみに、オーダーできるサイズは

  • Sサイズ:長辺が約6 cm
  • Mサイズ:長辺が約10 cm
  • Lサイズ:長辺が約15 cm
  • 2Lサイズ:長辺が約20 cm
  • 3Lサイズ:長辺が約25 cm

の5サイズのバリエーションがあります。

私の体験

ここからは、私がオーダーした時の体験を紹介します。私は約10 cmのMサイズをお願いしました。

ホームページから注文

ホームページに、「写真が1枚でもあれば製作可」とはあったのですが、パピーの頃の写真は角度が限られた写真しか持っていないこともあり私の写真で大丈夫か念のため注文前に、問い合わせをさせていただきました。問い合わせるとすぐに、
『体型や顔、毛の色等がおおよそ確認できるため、このお写真のみでもフィギュアの製作は可能です。』と回答を頂きました。

安心して注文させていただきました!

愛犬の写真、特徴などの連絡

注文した後、翌営業日に返信があり、ペットの特徴や希望のポーズ等、作製に必要な情報について教えて下さいと連絡がありました。このタイミングで、参考として頂く写真を送付します。写真の送付は、

  • メール添付
  • データアップロードサービス
  • 印画紙で郵送

と色々な手法で送る事が可能です。出来るだけそっくりにするためには、ここで特徴をとらえた写真を共有する事が大切になります。私の場合は、アロ君のパピーの写真はブリーダーさんから頂いたものだけしかなかったので、上で小掲載した1枚の写真に加えて、次の2枚も加えて持っている3枚を送付いたしました。

正面からで少し横向きの2枚目
写真からペットフィギュアを作製_元写真2
真正面からの3枚目
写真からペットフィギュアを作製_元写真3
パピーの思い出はこの3枚の写真しか無いので、是非、形にしたいなぁとずっと感じていた訳です。パピーの頃は、こちらも育てるのに精一杯で、色々なことに頭が回っていませんでした。今思えばもっともっと写真や動画を残しておけば良かったなと思う事が山のようにあります。

3Dデータの作製

ゆほびかさんの方で、3Dデータの作製が終わると、中間確認のお願いということで

  • 【電子データ】中間確認資料
  • 【郵送】カラーサンプル

が送付されて来ます。この期間が長かったです。私の場合は1.5ヶ月位かかりました。

中間確認資料

中間確認資料では、全体の様子がわかるように、色々な角度から完成イメージ画像が掲載されています。
正面から
写真からペットフィギュアを作製_途中経過1
後ろから
写真からペットフィギュアを作製_途中経過2
斜め下から
写真からペットフィギュアを作製_途中経過3
第一印象として、「この段階でかなり完成度が高い!」と感じました。限られた写真からよくここまで再現していただきました。というのが正直な感想でした。

カラーサンプル

カラーサンプルは、プレート(多分フィギュアの材料だと思います)に印刷されて送られて来ます。種類は、「暗め」「標準」「明るめ」「赤色強め」「黄色強め」の5種類から選んで下さいとのことでした。
写真からペットフィギュアを作製_カラーサンプル
↑の写真からは差がわかりにくですが、実際は結構差があります。アロ君はパピーの頃全体的に黒い毛が多かったので、「暗め」をお願いしました。
このプレートだけでもどこかに飾れそうで、ちょっと嬉しいカラーサンプルでした。

中間確認と修正

中間確認資料を見ながら、少しイメージが違う部分がありましたので、修正をお願いいたしました。
写真からペットフィギュアを作製_途中経過4
このような感じで、修正をお願いしました。全部で5点の修正の依頼をお願いしました。

最終確認

修正のお願いをしてから、2週間位で、再度連絡がありました。中間確認の時と同じように、再確認資料をご送付頂きました。指摘ポイントがうまく修正されていましたので、「造形に進んで下さい」とお願いしました。
修正の際も、「ご確認後、追加修正が必要な箇所がございましたら遠慮なくご指摘ください。」とメールに記載いただいておりとても丁寧にご対応いただいているなと感じました。

納品

再確認後の連絡の後、約1週間位で造形が完了した旨の連絡がありました。遂に納品です!楽しみです!!

こちらが、外装です。素敵な箱で送られて来ました。
写真からペットフィギュアを作製_化粧箱
蓋を開けてみると、フワフワのクッションに包まれて、パピーアロ君の登場です。
写真からペットフィギュアを作製_完成品2
綿を取ると、ちゃんと緩衝材で保護されています。非常に丁寧な梱包で安心感がありました。
写真からペットフィギュアを作製_完成品3

取り出した姿がこちらです。
写真からペットフィギュアを作製_完成品4
サイズは一番長いところで10cm程度でした。規格通りですね。
写真からペットフィギュアを作製_完成品5
納得の完成度です。色合いも、5パターン提示いただいた中から近いと感じたものを指定したので、イメージ通りの出来栄えに感じました。

肉球パーツも再現されているのが嬉しいです。
写真からペットフィギュアを作製_完成品6

また、少しわかりにくいのですが、目と鼻の部分が光沢仕様になっていて、他の部分より艶があり光が当たるとキラリとするところがリアル感を出してくれています。
写真からペットフィギュアを作製_完成品7
総じて、納得のいく出来栄えでした。

まとめ

この記事では、写真一枚から愛犬オリジナルフィギュアを作製できるという「ゆほびか」さんに、パピー時代の写真を用いてそっくり人形作製をお願いした時の体験を紹介させて頂きました。

注文から納品まで、2.5ヶ月と少し期間が必要になりますが、完成品は本当に満足のいく出来栄えでした。また、途中のやりとりも、非常に丁寧かつメールなどのやり取りの対応は非常に素早くとても気持ちよくやりとりさせて頂きました。

写真から3Dデータを作製し、フィギュアを作るという流れの中で、イメージが違う所を修正依頼できるので、自分の思い描いているフィギュアに近い完成形になるのかなとも感じました。

もし、「あの時作っておけば良かった」と思われている方がいらっしゃれば是非参考にしていただければと思います。

おすすめの記事