「愛犬に触って欲しくないけど、言いにくい…」と気を遣っていませんか?便利な意思表示ワッペンがありました
散歩中他のワンちゃんと会った時や、「可愛いね」と言って近づいて来てくださる時に、愛犬が吠えてしまったり、噛んでしまったり、すごい勢いで逃げてしまったり…何となく気まずい気分になってしまって気を遣うことありますよね。

我が家のミニチュアダックスは、とても怖がりで、特に他のワンちゃんを見ると近づくのをとても嫌がります。また、初めて会った人に対しても警戒してすごい勢いで、逃げて隠れようとします。

「怖がりなので、すいませんね…」と申し訳なく思っていた時に、この「犬のお散歩メッセージワッペン」を見つけたので、購入して使ってみましたので、レポートしたいと思います。


犬のお散歩メッセージワッペン

メッセージワッペンの概要

私が購入したのは、
「SCARED(こわがりです)」
と記されたワッペンです。
犬のお散歩メッセージワッペン1
薄いので、ポストに投函されて送られて来ました。
商品の外観はこんな感じです。
犬のお散歩メッセージワッペン2
サイズは、縦横10 cm×7.5 cm くらいの大きさです。
重さは13 gで、軽いですね。

中身を開けてみると、同じ模様のワッペンが貼り合わされた形になっています。リードを保護するためのリボンもついています。写真では、右端のものがリボンになります。
犬のお散歩メッセージワッペン3
裏側は、マジックテープになっています。
犬のお散歩メッセージワッペン4
リードに取り付けると、このような感じになります。
犬のお散歩メッセージワッペン5

使ってみた感想

実際に使っている様子です。
犬のお散歩メッセージワッペン6
つけている感触としては、大きさもそんなに大きい訳ではなく、軽いので、散歩をする側としては気にならないサイズ感です。

効果については、まだ日が浅いので何とも結論つけにくいところがありますが、こちらの気持ちの上では随分楽になった気がします。

今までは、後出しジャンケンの言い訳のような後ろめたさがありました。ワッペンをつけていることで、初めから「怖がりなんですよ。」と示す事ができているので、後出し感がなくなりました。そういう意味で、お互いに気を遣う事が無くなったように感じています。

犬のお散歩メッセージワッペンのラインナップ

メッセージワッペンのラインナップは3種類あります。

  • SCARED(こわがりです)
  • NO(さわらないでね)
  • DANGER(猛犬注意)

それぞれ、愛犬の行動にあったワッペンを選ぶ事ができるのが嬉しいですね。


Yellow Dog Project

イエロードッグプロジェクト
このようなワッペンの他にも、ワンちゃんの主張を代弁する事ができる取り組みがあります。Yellow Dog Project(イエロー・ドッグ・プロジェクト)と呼ばれている2012年の6月からスェーデンで始まった運動です。

このプロジェクトは、
「リードに黄色いリボンや黄色いものをつけているワンちゃんを見かけたら近づいたりしないでそっとしておいて下さいね」
というメッセージを広めていこうという運動です。

今では、スウェーデン、アイルランド、アメリカ、イギリス、イタリア、オーストラリア、オーストリア、カナダ、スペイン、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、フランス、ブラジル、ブルガリア、ポーランド、ポルトガル、南アフリカ、メキシコそして日本など20か国以上の国々の人がこのプロジェクトに参加して、徐々に認知度が上がって来ています。

ただ、犬を飼っている人には馴染みがあっても、全く知らない人にまで広がるまで、もう少し時間が必要かもしれません。

そんな時に、こういったワッペンは直接的に気持ちを表現できるので、良いツールだと思います。

まとめ

この記事では、犬のお散歩メッセージワッペンを紹介いたしました。
「かわいい!」と言って近寄ってくださった時に、我が家のワンちゃんがすごい勢いで逃げてしまった時に申し訳ないなぁと感じていましたが、このワッペンのお陰で、気持ちが楽になりました。

怖い思いをさせてあげたくないなぁと思っていたので、アロくんにとってもプラスになっていると感じています。

同じ悩みを持たれている方は是非一度トライしていただければと思います。

この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

おすすめの記事