旧軽銀座のすぐ近く!犬と一緒に緑に囲まれたカフェで楽しみたいなら「涼の音」がオススメです。フレンチトーストも絶品です。
旧軽銀座の近くで、ペットと一緒にカフェやランチを楽しみたい時には「涼の音」がオススメです。ペット連れは、テラスのみ可です。テラスは予約できないお店も多い中で、テラスも予約出来る点もオススメのポイントです。

テラスは、緑に囲まれており、目の前の歴史的な建造物を見ながらカフェやランチをしていると、まるで絵本の中にいるような感覚を味わう事ができると思います。特に、季節の良い時は本当に気持ち良い時間を過ごす事ができてオススメです。数量限定のフレンチトーストも是非トライしていただきたい一品です。

お店の情報

アクセス

住所は、長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢972ハウスNo.1138です。

  • 電車の場合は、長野新幹線「軽井沢」駅から徒歩で30分位です
  • 車の場合は、上信越自動車道「碓氷・軽井沢IC」より20分位の距離です

車の場合は、「涼の音」には駐車場がありませんので、近くの有料駐車場を探す必要がある点はご注意ください!

営業時間・定休日

営業時間:

  • モーニングタイム 9:00 ~ 11:00
  • ランチタイム 11:30〜16:30

定休日:水曜日

お店の外観

建物は登録有形文化財に認定されている歴史的な建造物です。

軽井沢は別荘地としてとても有名です。軽井沢の別荘地としての由来は、明治時代に外国人宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーが1件の別荘を建立したことからその歴史が始まったといわれています。その建物「ショーハウス」と、涼の音さんの建物が同じ間取りとのことです。
旧軽井沢Cafe涼の音 外観
確かに、歴史を感じる建物です。

店内の様子

歴史的な建造物の店内の写真を撮らせていただきました。写真を紹介します。
店内の様子1
旧軽井沢Cafe涼の音 店内写真2
店内の様子2
旧軽井沢Cafe涼の音 暖炉
店内の様子3
旧軽井沢Cafe涼の音店内写真1
ステンドグラスがあったり、暖炉があったりと、レトロな温かみを感じる造りです。犬連れはテラスのみというのは残念でした。

涼の音レポート

ここからは、ランチタイムに訪れた時のことを紹介します。私は軽井沢のサイクリングを楽しみたいこともあり、自転車で伺いました。GoogleMapで地図を見ていると途中で道が無くなっているので、「どうなっているのだろう?」と思いながら向かいました。

GoogleMapの地図で道が消えている場所が、ここです。一瞬間違ったかなと思いましたが、「涼の音」の看板があるので、安心しました。この看板が無ければ自信を持って進めなかったかもしれませんね。
旧軽井沢Cafe涼の音 アクセス1
更に、↓のような道を進みます。なんだかワクワクしました。
旧軽井沢Cafe涼の音 アクセス2
1〜2分進むとすぐに到着です。自転車置き場もありました。
旧軽井沢Cafe涼の音 自転車置き場
犬連れで行くことを事前に予約していたので、テラス席を用意していただいておりました。
旧軽井沢Cafe涼の音 テラス席
緑に囲まれ、絵本の中にいるような気持ちになりました。
早速、オーダーしました。注文内容は、

  • 海老とホタテのアメリケーヌソースパスタ(スープ・サラダ・パンつき)
  • フレンチトースト
  • コーヒー
  • 丸ごとももアイス

です。

海老とホタテのアメリケーヌソースパスタ

セットのスープとサラダです。
旧軽井沢Cafe涼の音 ランチのスープ
スープは、春キャベツのポタージュです。素材の甘みがよく出た胃に優しいスープでした。サラダは、サニーレタス、サラダ菜、生ハムにシンプルなフレンチドレッシングで味付けされていました。

そして、メインのパスタです。パンも同時に出てきました。パンは、外がカリッとして、中が柔らかい食感で軽いけれども甘みがあります。美味しいパンでした。
旧軽井沢Cafe涼の音 パスタ

アメリケーヌソースとは?
エビの頭や殻を煮込んで作る、フランス生まれのソースのことをいいます

名前の通り、一口食べるととエビの風味が口の中いっぱいに広がりました。海老好きの私には本当に絶品です。海老と帆立がボン、ボンとパスタの上に乗っていて、魅惑のパスタでした。お腹が空いている時には、もう一品デザートも有った方がボリューム的には満足できると思います。

フレンチトースト

次にフレンチトーストを紹介します。事前情報で数量限定と聞いていたので、「フレンチトースト」を予約しておきました。お店に到着すると、店頭に「本日分完売」とありました。予約しておいて良かったです。
旧軽井沢Cafe涼の音 フレンチトースト1
ナッツや生のフルーツ、ドライフルーツ、フリーズドフルーツ、りんごのコンポートとフルーツがふんだんに使われています。見た目も鮮やかでとても豪華です。まずはドライのリンゴを食べてみました。酸味と甘味が凝縮されて濃いリンゴ味でした。フリーズドイチゴには、練乳が詰め込まれていました。工夫が凝らされています。
旧軽井沢Cafe涼の音 フレンチトースト2
フレンチトースト自体はバター風味でした。フルーツ、生クリーム、フレンチトーストを合わせて食べると旨味が溢れ出す美味しさでした。完売するのも納得のおいしさでした。「もう一つ食べたいなぁ」と思いながらすぐに完食してしまいました。

コーヒー

深煎りと中煎りの二種類から選ぶ事ができます。中煎りは酸味が強いといことだったので、深煎りを選びました。程よい苦味のコーヒーで、深煎りでも少し酸味を感じる味わいでした。コーヒーはおかわり自由とのことです。私もおかわりをさせて頂きました。
旧軽井沢Cafe涼の音 コーヒー

丸ごとももアイス

最後に、どうしても食べたかった丸ごとももアイスを、追加で注文しました。「全部食べる事ができるのですか?」とお店の方に聞くと「食べる事ができますよ」という事でしたので、蓋も含めてかじってみました。確かに食べる事ができました。メインのアイスパーツは、クリーミーな桃アイスでした。
旧軽井沢Cafe涼の音 丸ごと桃アイス

まとめ

テラスでは風鈴の音が絶えず鳴っており、高原の爽やかさを、肌と耳で感じながらリラックスした時間を過ごす事ができました。歴史ある建物と緑で囲まれた時間は、しばし日常を忘れる事ができる特別な時間でした。

料理も美味しい美味しくて、絶賛オススメのカフェです。もしフレンチトースト狙いの場合は予約必須ですのでご注意を!

おすすめの記事