軽井沢で犬と一緒に泊まることが出来るホテル~レジーナリゾート旧軽井沢~

レジーナリゾート旧軽井沢ホテル編のアイキャッチ画像 旅行


アロ君と一緒に軽井沢に1泊2日の旅行に行き、「レジーナリゾート旧軽井沢」に宿泊してきましたので紹介したいと思います。今回は、旅行当日のアクセスとお部屋紹介まで書きたいと思います。

レジーナリゾート旧軽井沢情報

概要情報
レジーナリゾート系のホテルは、軽井沢だけでなく、箱根、伊豆、富士、蓼科や最近では鴨川や、関西エリアまでどんどん新しいエリアに増えてきています。軽井沢エリアは旧軽井沢に加えて、御影用水にもあります。レジーナリゾート系列のホテルでは、そのコンセプトとして、犬と一緒に過ごし、犬との信頼関係を強くしてして欲しいと謳っていますので、まさに犬連れ向けのホテルです。
場所情報
レジーナリゾート旧軽井沢は、北陸新幹線の軽井沢駅から車で10分位の所に位置しています。電車で行く場合は、事前にホテルに到着時間をお伝えしておくと、プリンスホテル側のバスターミナルに迎えに来ていただけます(無料です)。車の場合は、上信越自動車道、碓氷軽井沢ICから30分ほどの距離とのことです。住所は、長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1323-510です。新しく建ったものなので、古いカーナビでは対応していないかもしれないです。
基本情報
電話:0267-31-5586(受付時間10時00分~19時00分)
チェックイン:15時00分~18時00分
チェックアウト:11時00分
客室
室数:全26室
部屋タイプ:全部で大きくは4タイプあります。1階の部屋には、プライベートガーデンがあります。
施設
・カフェ・バー(ティータイム14時00分~17時00分、バータイム20時00分~23時00分)
・フロント併設ショップ(8時00分~22時00分)
・愛犬あずかり(8時00分~17時00分)
・ウッドチップドッグラン(時間制限無しだったと思います)
・グルーミングルーム(セルフサービス)
食事
朝夕付きで、和食の懐石料理です。最近、朝食のみプランも出てきたようです。
駐車場情報
料金: 宿泊者無料
駐車時間: 滞在中利用可能です(宿泊日15時00分~翌日11時00分まで)
駐車場スペース: 高さ幅の制限なし
駐車場台数: 26 台 屋外
バレーサービス: なし

レジーナリゾート旧軽井沢までのアクセスとチェックイン

ここからは、私が、レジーナリゾート旧軽井沢に行った時の感想を紹介していきたいと思います。事前準備編でも記載しましたように、新幹線は、上野から軽井沢まで、「あさま」に乗って行って参りました。今回は少し豪華バージョンで、グリーン席にしてみました。荷物が多かったので、進行方向1番後ろの座席を予約して、座席の後ろにカートスペースを確保しました。こんな感じです。Air buggy for dogもすっぽり収まるくらいのスペースがあります。
新幹線グリーン車のスペース
でも、これだと背もたれをあまり倒すことが出来ませんので、グランクラス車とグリーン車の間に、荷物置きスペースがあるので、荷物が多い場合は、そこも活用できそうです。写真は、下のような感じです。
新幹線の荷物置きスペース
カートの部分は背もたれの後ろあるいは、荷物置きに置くとしてコット部はアロ君が居るので、そばに置いてあげなければいけません。グリーン席の座席の間隔は広いので、アロ君の入ったカートのコット部を足元に置いても十分快適でした。上野から軽井沢までは、新幹線で1時間程度で、その間アロ君は、静かにカートの中で寝ていました。軽井沢に到着すると、改札を出て右側が、プリンスホテルで、アウトレットモールが広がっています。アウトレットモールは直ぐ近くに見えてはいるのですが、アクセスの悪さが難点です。エレベーターがありますが、エレベーターは小く、また自分も含め荷物が大きな人が結構いるので、カートの場合は、エレベーターが何往復かするのを待たないといけません。時間に少し余裕を持っておいた方が無難です。

今回は、観光やらレストランやら色々と予定を入れていましたので、送迎をお願いせず、直接チェックインの15時00分頃にホテルに到着するように向かいました。予約時に電車で行くと連絡を入れておいて、仮に前日までに到着時間をお伝えし忘れていても、電話で確認して下さいます。サービスの良さが感じられる点です。実際に今回、ギリギリまで悩んで、連絡を入れるのが遅くなってしまいましたらちゃんと連絡を頂きました。話を元に戻しまして、当日はホテルに到着したタイミングが良かったのか、チェックイン手続きに待つことなく、すぐに手続きすることができました。ロビーはこのような雰囲気です。
フロント風景@レジーナ旧軽井沢
2組まで同時に、手続き可能です。いつも、チェックインの時にウェルカムドリンクを頂けます。レジーナリゾート旧軽井沢は、オープンが2017年11月11日(ワンワンワンワンの日)でしたので、2018年11月30日までは、スペシャルウェルカムドリンクサービスがありました。
一周年ウェルカムサービス@レジーナ旧軽井沢~その1~
飲み物と、コーヒーゼリーがセルフサービスで飲み放題、食べ放題でした。
ウェルカムサービス@レジーナ旧軽~その2~
ロビーと同じフロアに、カフェ・バーコーナーがあります。暖炉もあって、軽井沢の雰囲気がよく出ています。(11月初めでしたので、まだ暖炉は付いていませんでした。)カフェ・バーコーナーの横から外に出ることが出来て、ウッドチップが敷き詰められたドッグランがあります。
ドッグラン@レジーナ旧軽井沢
ドッグランスペースは、そんなに大きい訳ではないので、先客が居るとちょっと気を遣う必要があります。直ぐ横の、カフェ・バースペースのソファーに座って待つことができますので、時間をずらすなどするとプラベートドッグランが楽しむことが出来るようになります。アロ君も、怖がりなので、出来るだけ、他の方と時間が被らないようにタイミングを見計らうようにしています。長時間移動で、ストレスがたまっていたかもしれませんので、少しドッグランで外の空気を吸ってから、お部屋に向かいました。
ドッグランの様子

レジーナリゾート旧軽井沢~部屋紹介~

お部屋までは、内廊下です。出入り口には、オートロックの扉があってホテルのカギを使わないと開けることができない自動扉がありますので、飛び出し防止対策がなされています。
ホテルの内廊下@レジーナ旧軽井沢
部屋には、事前に送付しておきました荷物がちゃんと運ばれていました。次に、お部屋の設備を紹介します。部屋タイプは2階のフォレストテラスモデレートで、部屋の広さは40㎡・テラスの広さは7㎡です。1番小さな部屋タイプですが、ソファーもあって落ち着くことが出来るお部屋でした。部屋の雰囲気はこんな感じで、木の温かみを感じることが出来る部屋です。
お部屋(フォレストテラスモデレート)
2階にはベランダもあります。一階は、プライベートドッグランになります。ベランダの写真です。椅子は見た目よりも、座り心地が良いように感じました。
ベランダの様子
続きまして、部屋の備品紹介です。まずは、犬のグッズからです。
愛犬用バスタオル2枚、トイレシート6枚、散歩用エチケット袋6枚、消臭除菌防虫スプレー、粘着ローラーがセットになって、セッティングされていました。
犬用のお部屋の設備(その1)
ウェットティッシュ、足拭きフォーム、足拭きタオルも玄関側にセットで設置されていました。
犬用のお部屋の設備(その2)
犬用の食器も木枠に入ったお皿2枚と、おやつ2袋(スモークササミサラミ、エゾシカサラミ)もあります。昔は、家で使っているお皿を持参していましたが、最近はこのお皿を使ってもアロ君は気にしないことがわかりましたので、こちらを利用しています。
おやつと食器
マットレス付きの大きめのクレート(ゲージ)も用意されています。上記に書いたものは、全ての部屋に備えてありますので、持っていく必要がありません。基本的な装備は揃っている印象です。他にの、ホテルの出入り口には、外出セットも置いてあるので、犬用の装備は仮に忘れてしまっても、大丈夫と思いました。

次に、人間用の設備について紹介します。人間用の備品としては、まず、戸棚の中に、金庫、湯沸しポット、グラス、コーヒーカップ、コーヒー、緑茶、紅茶、電子レンジ、水1人1本(無料)がありまして、このような感じです。湯沸しポットはすぐ沸く優れものです。
お部屋の備品@レジーナ旧軽井沢
コーヒーなどの備品のアップ。
お部屋のドリンクコーナー
お風呂と洗面台の所には、ドライヤー、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、ハンドソープ、ブラシ、ハミガキセット、カミソリシャワーキャップ、綿棒、バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、「ミキモト」オリジナルアメニティセット(女性のお客様限定)等がありました。
フォレストテラスモデレートのお風呂と洗面所
備品のアップ。
アメニティセット
室内の装備は、エアコン、床暖房、空気清浄器付加湿器、冷凍冷蔵庫、洗浄機能付トイレ、テレビ、ブルーレイ・DVDプレイヤー、インターネット無線LANがあります。あまり使うことはないかもしれませんが、ブルーレイプレイヤーがある所が新しさを感じさせてくれます。個人的には、加湿器がかなり気に入りました。長時間に渡り、結構な量の蒸気を出してくれておりました。
気になった加湿器
部屋着関連では、パジャマ(上下セパレートタイプ)、作務衣、使い捨てスリッパもあります。パジャマの注意点は、サイズ表記が「F」と「M」となっていて、FreeサイズとMサイズです。FemaleとManではありません。
パジャマと作務衣
作務衣があるのもありがたいです(写真の後ろにあるのが作務衣です)。この様に、人間用の装備も十分準備されているので、何かを忘れても、困ることは少なく、1泊程度であれば、十分何とかなると思います。

まだ1年しか経過していないので、施設は本当に綺麗です。床暖房とエアコンがあるので、寒さ対策もバッチリです。犬用のゴミ箱も部屋の外にあって、部屋の中に臭いがこもらないように工夫がされています。床も、滑らない床仕様で、犬が走っても滑らないので、安心です。犬のための工夫が随所に感じられるので、とても好印象でした。お部屋と備品の紹介は以上になります。

レジーナリゾートでは、どの施設でもイベントとして17時00分からブレイズタッチのセミナーが開催されています。旧軽井沢では、1階のカフェ・バースペースで、ブレイズタッチのセミナーが30分開催されていました。ブレイズタッチは愛犬の体表面を優しく触れて飼い主と犬のお互いリラックスし、絆を深めることのできるケアのことです。以前参加したことがありますが、とても優しい気持ちになることが出来ました。今回は、時間的に余裕がなかったので参加を諦めました。

今回はここまでにして、次回は食事の紹介をしたいと思います。